整体師になるには資格が必要|学び方は複数ある

男女

この仕事のやりがいとは

男の人

広い活躍の場があります

視能訓練士とは、医療資格の1つで、近年資格保持者が増えていることで世間に認知されてきているのです。現在のところ、視能訓練士の数が不足していることから、今後ますます求められる医療職でもあるのです。医師の指示の下、眼の疾患に関する検査を行ったり、斜視・弱視などの訓練指導をすることが主な仕事です。視能訓練士になるには、高校などを卒業後に指定の養成施設で学ぶことが受験資格の要件です。高校卒業者は3年以上養成施設で学ばなければならないのに対し、短大以上であれば1年以上で済むのです。受験資格を満たした後は、年1回行われる国家試験を受験し合格する必要があり、合格率は非常に高いのが特徴です。活躍の場は、病院の眼科が主となりますが、保健所・教育研究期間などに勤める人も存在するのです。視能訓練士に求められる資質・適性は、迅速かつ正確に物事を行えること、コミュニケーション能力があげられるでしょう。子供から高齢者まで幅広い年代の患者・眼科医をはじめとする医療スタッフと上手く対応することが必要です。眼の訓練指導をサポートすることで患者の症状を回復させ、患者を喜ばせることが視能訓練士のやりがいといえるでしょう。眼の疾患は色々あり、検査内容も多岐にわたることから、様々な経験を積んだり奥深く学ぶことが可能です。他の医療資格と比較して力仕事をほとんど必要とせず、高齢になっても視能訓練士として長く患者のために働けるのが特徴です。