整体師になるには資格が必要|学び方は複数ある

婦人

この仕事のやりがいとは

視能訓練士は医療専門職の1つであり、眼の検査・リハビリテーション指導などを仕事として行っているのです。患者の目の症状を改善させ、眼について幅広く学ぶことができるのがこの資格のやりがいといえるでしょう。

男の人

この仕事のやりがいとは

視能訓練士は医療専門職の1つであり、眼の検査・リハビリテーション指導などを仕事として行っているのです。患者の目の症状を改善させ、眼について幅広く学ぶことができるのがこの資格のやりがいといえるでしょう。

男性

リハビリ関連の国家資格

理学療法士はリハビリテーションに関連した国家資格です。養成校として指定されている大学・短大・専門学校等で学び、国家試験に合格すると取得できます。合格率は毎年80%前後に達しており、日常的な学習をしっかりやっておけば取得は比較的容易です。

身体の悩みを解決する先生

整体

健康維持に欠かせない存在

整体師とは、骨盤矯正や筋肉緩和といった施術を行って患者の肩こりや腰痛などの悩みを解消する仕事です。高齢化が進む日本では、この整体師という仕事が必要不可欠といえます。そんな整体師の仕事は、医師や教師などとは違って特に国家資格は必要ありません。そのため、整骨院や整体院で整体師として働いている方のなかには、資格を取得せずに現場で働きながら技術を身につける人もいます。ですが、資格を取得したうえで整体師として働くことにより、さらに患者からの信頼を得られるといえます。そのために覚えておきたいのが、資格を取得する方法です。整体師の資格を取得するための方法として挙げられるのは、整体学校に通うこと、通信教育を受けることです。整体学校に通うこと、通信教育に通うことそれぞれでメリットがあります。前者のメリットは、整体師として必要な知識をもった先生に教えてもらえるということです。すぐに先生に質問をすることができるため、分からないことをすぐに解決できます。一方、後者のメリットは空いた時間に勉強ができるということです。自宅で勉強するため、移動する手間を省いて仕事の後や家事の合間に勉強可能です。整体師を目指すなら、それぞれのメリットを把握し、自分に合った方法を選択して勉強することをおすすめします。なお、整体師に向いている人はコミュニケーション能力のある人です。というのも、この仕事では患者の悩みを聞き取ったうえで、適切な施術を行う必要があるからです。そのため、整体師を目指すなら人と上手くコミュニケーションを取れるように私生活で練習しておくとよいでしょう。

看護師

看護師助産師を目指すなら

堺市にあるベルランド看護助産専門学校に通うことで、看護師や助産師を目指すことができます。実習先の施設は学校に関連しているところが多く、通うのに便利だと言われています。また指導熱心な先生が多いため、国家試験の合格率は高いのです。